アクセス

  • イロイロへの行き方 ~How to get to ILOILO~

    日本からフィリピン・イロイロへの主な行き方を紹介します。

    東京からイロイロまでは、直線距離にして約3300kmあります。
    日本からの直行便はなく、フィリピンの首都マニラやセブ、また他のアジア都市を経由することになります。



    成田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡国際空港からマニラへの直行便が運航されており3時間半~4時間程度で到着します。

    主要な航空会社は、

    「フィリピン航空」

    アジアでは最も長い歴史を持つ航空会社であり、フィリピンでも代表的な航空会社です。
    上記国内4空港で運行してます。
    マニラ空港(正式名:ニノイ・アキノ国際空港)にはターミナルが3つあり、ターミナル2(T2)はフィリピン航空専用です。

    「ジェットスター航空」

    今話題のLCC(格安航空会社)です。ホームページからご自身でチケットを購入できます。
    時々行っているセールを利用すると驚くような価格で購入できます。
    成田、関空で運行しています。

    「セブパシフィック航空」

    同じくLCC(格安航空会社)で、フィリピンでは最大の航空会社です。
    関空のみ運行しています。

    他にも「日本航空」「全日空」などの、日系の航空会社も運航しています。(成田のみ)



    他のアジア都市を経由してマニラへ行くことも出来ます。
    経由便として、
    「チャイナエアライン」「エバー航空」を利用した台北経由
    「大韓航空」「アシアナ航空」を利用した韓国ソウル経由
    「キャセイパシフィック航空」を利用した香港経由
    などがございます。



    ■マニラ空港について


    正式名はニノイ・アキノ国際空港(略称 : NAIA)といい、フィリピンの空の玄関口です。
    1~3のターミナルとドメスティックターミナルがあります。

    ターミナル1:
    様々な国際線の航空会社が乗り入れており、一番混みあっているターミナルです。
    「ジェットスター航空」「日本航空」などが乗り入れています。

    ターミナル2:
    「フィリピン航空」専用のターミナルです。

    ターミナル3:
    新しく完成したターミナルで、一番綺麗です。
    「セブパシフィック航空」「全日空」などが乗り入れています。




    関東方面からご出発の方

    関西方面からご出発の方

    名古屋方面からご出発の方

    九州方面からご出発の方

    ターミナル移動について T1 → T3

  • ~関東方面からご出発の方~

    ■成田空港を利用の場合
    成田空港からは様々な航空会社が運行しており、フィリピンへは「フィリピン航空」「ジェットスター航空」「日本航空」「全日空」「デルタ航空」が運行しています。

    <マニラ経由>
    お勧めとして2通りの行き方を案内します。

    「フィリピン航空」を利用した行き方です。
    フィリピン航空では現在、成田からは毎日運行しており、成田9:30出発、マニラ13:10到着です。
    マニラ空港ターミナル2に到着します。
    イロイロへの国内線も同じターミナル2から出発しているので、乗換えもスムーズに行えます。
    乗換え便として、現在はマニラ16:00出発、イロイロ17:15到着の便が毎日運行しています。

    利点として、
    ・同じ航空会社なので乗換えが簡単
    ・毎日運行
    ・旅行代理店にて手配
    ・1日で移動可能
    その反面、
    料金が高いです。

    往復金額目安:約9万



    「ジェットスター航空」でマニラ空港まで行き、
    「セブパシフィック航空」に乗り継ぐ行き方です。
    ジェットスター航空では現在、成田からは月・火・金・土曜に運行しており、成田12:20出発、マニラ16:00到着です。マニラ空港ターミナル1に到着します。
    セブパシフィック航空はターミナル3に乗り入れている為、ターミナル間の移動が必要になります。
    乗換え便として、現在はマニラ18:55出発、イロイロ20:00到着の便が毎日運行しています。
    (20:35出発、イロイロ21:40到着の便もございます。)

    ターミナル移動について T1 → T3

    利点:
    ・格安でいける
    ・長期間滞在でも金額が変わらない
    ・自己手配出来る
    ・セールなどで更に安くなる
    ・1日で移動可能
    その反面、
    預け荷物や機内食が有料であったり、
    変更料などが高い、遅延の保証がなかったりと
    サービス面でのデメリットが見受けられます。
    またターミナル間の移動に時間が掛かります。

    往復金額目安:約44000円


    <セブ経由>
    「フィリピン航空」を利用した行き方です。
    フィリピン航空では現在、成田からは月曜以外運行しており、成田14:25出発、セブ18:45到着です。
    到着時間の都合上、セブで1泊することになります。
    翌日の各便に乗り継ぎます。所要時間は約50分です。
    (現在、フィリピン航空であれば7:05と17:50の2便が運行しています。)

    往復金額目安:約9万 + 宿泊代


    <その他都市~マニラ経由>※羽田空港、各地方空港も利用可能

    「チャイナエアライン」「エバー航空」などを利用した台北経由、
    「大韓航空」「アシアナ航空」などを利用した韓国ソウル経由、
    「キャセイパシフィック航空」などを利用した香港経由
    などがございます。
    マニラからイロイロへの国内線はフィリピン航空、ゼストエア、エアフィルなどが運行しておりますが、日本語ホームページがある「セブパシフィック航空」をオススメ致します。

    往復金額目安:約4万~ (+ 宿泊代)


    ※注意
    2013年3月調査の情報になります。
    運賃・料金やサービス、フライトスケジュールなどの変更がよくあるため、事前に各航空各社、又は旅行会社にてご確認下さい。

  • ~関西方面からご出発の方~

    ■関西国際空港を利用の場合
    関空からフィリピンへは「フィリピン航空」「セブパシフィック航空」「ジェットスター航空」が運行しています。

    <マニラ経由>
    「フィリピン航空」を利用した行き方です。
    フィリピン航空では現在、関空からは毎日運行しており、関空9:55出発、マニラ13:05到着です。
    マニラ空港ターミナル2に到着します。
    イロイロへの国内線も同じターミナル2から出発しているので、乗換えもスムーズに行えます。
    乗換え便として、現在はマニラ16:00出発、イロイロ17:15到着の便が毎日運行しています。

    利点として、
    ・同じ航空会社なので乗換えが簡単
    ・毎日運行
    ・旅行代理店にて手配
    ・1日で移動可能
    その反面、
    料金が高いです。

    往復金額目安:約9万


    「セブパシフィック航空」を利用した行き方です。
    セブパシフィック航空では現在、関空からは火・木・日曜に運行しており、関空20:40出発、マニラ23:50到着です。マニラ空港ターミナル3に到着します。
    到着時間が遅い為、マニラで1泊するか、空港にて翌朝の便を待つことになります。
    現在、セブパシフィック航空の始発便は、マニラ4:30出発、イロイロ5:35到着です。
    マニラで1泊した場合は翌日のお好きな便でイロイロへ行きます。
    セブパシフィック航空では現在、マニラからイロイロまで7便が運行しています。

    利点:
    ・格安でいける
    ・長期間滞在でも金額が変わらない
    ・自己手配出来る
    ・セールなどで更に安くなる
    ・同じ航空会社を利用出来る
    その反面、
    預け荷物や機内食が有料であったり、
    変更料などが高い、遅延の保証がなかったりと
    サービス面でのデメリットが見受けられます。
    またトランジットが不便です。

    往復金額目安:約43000円 (+ 宿泊代)


    「ジェットスター航空」を利用した行き方です。
    ジェットスター航空では現在、関空からは月・金・土・日曜に運行しており、関空17:25出発、マニラ20:15到着です。マニラ空港ターミナル1に到着します。
    到着時間が遅い為、マニラで1泊するか、空港にて翌朝の便を待つことになります。
    イロイロへの国内線はフィリピン航空、ゼストエア、エアフィルなどが運行しておりますが、日本語ホームページがある「セブパシフィック航空」をオススメ致します。

    利点:
    ・格安でいける
    ・長期間滞在でも金額が変わらない
    ・自己手配出来る
    ・セールなどで更に安くなる
    その反面、
    預け荷物や機内食が有料であったり、
    変更料などが高い、遅延の保証がなかったりと
    サービス面でのデメリットが見受けられます。
    またトランジットが不便です。

    往復金額目安:約41000円 (+ 宿泊代)



    <その他都市~マニラ経由>※各地方空港利用可能

    「チャイナエアライン」「エバー航空」などを利用した台北経由、
    「大韓航空」「アシアナ航空」などを利用した韓国ソウル経由、
    「キャセイパシフィック航空」などを利用した香港経由
    などがございます。
    マニラからイロイロへの国内線はフィリピン航空、ゼストエア、エアフィルなどが運行してお

    りますが、日本語ホームページがある「セブパシフィック航空」をオススメ致します。

    往復金額目安:約4万~ (+ 宿泊代)

    ターミナル移動について T1 → T3

    ※注意
    2013年3月調査の情報になります。
    運賃・料金やサービス、フライトスケジュールなどの変更がよくあるため、事前に各航空各社、又は旅行会社にてご確認下さい。

  • ~名古屋方面からご出発の方~

    ■中部国際空港を利用の場合
    通称セントレアからフィリピンへは「フィリピン航空」のみ運行しています。

    <マニラ経由>
    「フィリピン航空」を利用した行き方です。
    フィリピン航空では現在、中部国際空港からは毎日運行しており、名古屋9:30出発、マニラ12:45到着です。マニラ空港ターミナル2に到着します。
    イロイロへの国内線も同じターミナル2から出発しているので、乗換えもスムーズに行えます。
    乗換え便として、現在はマニラ16:00出発、イロイロ17:15到着の便が毎日運行しています。

    利点として、
    ・同じ航空会社なので乗換えが簡単
    ・毎日運行
    ・旅行代理店にて手配
    ・1日で移動可能
    その反面、
    料金が高いです。

    往復金額目安:約9万


    <その他都市~マニラ経由>※各地方空港利用可能

    「チャイナエアライン」などを利用した台北経由、
    「大韓航空」「アシアナ航空」などを利用した韓国ソウル経由、
    「キャセイパシフィック航空」などを利用した香港経由
    などがございます。
    マニラからイロイロへの国内線はフィリピン航空、ゼストエア、エアフィルなどが運行しておりますが、日本語ホームページがある「セブパシフィック航空」をオススメ致します。

    往復金額目安:約4万~ (+ 宿泊代)

    ターミナル移動について T1 → T3


    ※注意
    2013年3月調査の情報になります。
    運賃・料金やサービス、フライトスケジュールなどの変更がよくあるため、事前に各航空各社、又は旅行会社にてご確認下さい。

  • ~九州方面からご出発の方~

    ■福岡国際空港を利用の場合
    福岡空港からフィリピンへは「フィリピン航空」のみ運行しています。

    <マニラ経由>
    「フィリピン航空」を利用した行き方です。
    フィリピン航空では現在、福岡国際空港からは毎日運行しており、福岡15:20出発、マニラ18:05到着です。マニラ空港ターミナル2に到着します。
    乗換え便の「セブパシフィック航空」はターミナル3に乗り入れている為、ターミナル間の移動が必要になります。
    乗換え便として、現在は20:35出発、イロイロ21:40到着の便が毎日運行しています。

    利点として、
    ・毎日運行
    ・旅行代理店にて手配
    ・1日で移動可能
    その反面、
    料金が高い、
    ターミナル移動が必要、
    トランジットが時間が短い

    往復金額目安:約10万


    <その他都市~マニラ経由>※各地方空港利用可能

    「チャイナエアライン」「エバー航空」などを利用した台北経由、
    「大韓航空」「アシアナ航空」などを利用した韓国ソウル経由、
    「キャセイパシフィック航空」などを利用した香港経由
    などがございます。
    マニラからイロイロへの国内線はフィリピン航空、ゼストエア、エアフィルなどが運行しておりますが、日本語ホームページがある「セブパシフィック航空」をオススメ致します。

    往復金額目安:約4万~ (+ 宿泊代)

    ターミナル移動について T1 → T3

    ※注意
    2013年3月調査の情報になります。
    運賃・料金やサービス、フライトスケジュールなどの変更がよくあるため、事前に各航空各社、又は旅行会社にてご確認下さい。

  • ターミナル移動について T1 → T3

    ■ターミナル移動について
    マニラ空港には1~3のターミナルとドメスティックターミナルがあり、ターミナル間を移動するにはタクシーが基本となります。(フィリピン航空利用の場合は、国際線も国内線も同じターミナル。)



    ジェットスター航空や日本航空、その他国際線の多くは、マニラ空港のターミナル1(T1)に到着します。
    その後国内線でイロイロへ向かう場合、乗換え便としてセブパシフィック航空を利用することが多いのですが、ターミナル1からターミナル3まで移動しなければなりません。



    ターミナル1からターミナル3へは、AIRPORT TAXI定額クーポンタクシー、メーターイエロータクシーでの移動をお勧めします。
    到着ロビーを出ると左手にタクシー乗り場があります。「タクシー!タクシー!」と声を掛けてくる人がいると思いますがスルーしてください。またシャトルバスも等間隔で出ているようですが、出発時間はあまり正確ではないようです。
    タクシー乗り場には受付カウンターがあり、行き先(ターミナル3)と名前を係員に伝えると、番号の記載されたチケットを2枚渡されます。1枚をドライバーに渡し、行き先を告げてください。
    一度空港の外に出て一般道を通る為、時間帯によっては渋滞することもございます。
    料金はおよそ150~300ペソ、所要時間15~30分程度になると思います。
    ※小額の紙幣を用意しましょう


Get Adobe Flash player