S_6470593370875

【必見!】イロイロ市の歯医者事情

留学中、具合が悪くなり病院へ行く学生さんも中にはいらっしゃいます。
これだけは運なのでどうしても避けられないですよね、、
もし病気になってもイロイロには総合病院があるのと、看護師の日本人スタッフも24時間滞在しているので安心してください。

✅参考記事→【安心!】イロイロにある病院ってどんなところ?

今回は総合病院の紹介、、ではなくイロイロにある歯医者を紹介します。
その前に、、

意外な落とし穴。歯医者では海外留学保険がおりない!

留学保険の種類にもよりますが、フィリピン問わず歯医者では留学保険が使えないケースが多いのが事実です。使えたとしても、50%しか保証されないなど、満額保障されるケースは少なく、実費で払わらなければいけません。※長期留学は除く
もし、これから留学される方で、虫歯がある方は必ず日本で直してから来ることを絶対におすすめします。

個人的な自慢

実は、フィリピンに約2年弱滞在していますが、病院に1度も掛かったことがありません!ちなみに日本でもコンタクトレンズを作ることを除けば6年病院に行ってなく、いつも健康です!
1年に1回くらい風邪を引くのですが、土日休めば治ります。

しかし、

先週、歯が痛くなってしまいました。最後にいつ痛くなったのかは覚えていませんが、歯が痛いことにより夜が寝れなくなり、集中力が下がり散々な目にあいました。
ということで渋々歯医者に行く事にしました。今回はフィリピンの歯医者についてレポートしていきます。
※しつこいようですが、歯が痛い、親知らずに違和感があるかたは絶対に日本で直してから渡航してください!

歯医者に潜入!

受付の様子

S_6470593825753

こちらが受付です。初診の方は診断表に詳しく歯の状況について書きます。
※MKでは必ず日本人スタッフが同行しますのでご安心ください。

内部の様子

S_6470593370875

3つブースがあり、ここで治療を受けます。
奥には子供用のブースもありました。
S_6470594160667

治療の様子

S_6470593677679

この様な形で治療してくれます。日本と大きく変わりはありません。
レントゲンを撮影し、治療をしてもらいました。
S_6470594257424

S_6470594453348

S_6470594574717

S_6470594321317

日本でと変わらない環境が整っているので安心です。

イロイロの歯医者のいいところ

日本だと、歯医者は何回も通院するイメージがあるのですが、フィリピンの歯医者でしは通院しなくても大丈夫な様に、出来るだけ1日で治療してくれます。

気になる値段

病院により変わってくると思うので、あくまで参考までにご覧ください。

レントゲン→350ペソ(約700円)
クリーニング→300ペソ(約600円)
詰め物などの治療→500ペソ(約1,000円)
ホワイトニング→5,000ペソ(約10,000円)
神経の手術→15,000ペソ(約30,000円)

思ったより、そんな高くありません。もし全額保険で補償されなくても、違和感を感じれば必ず行く事をおすすめします。
もしどうしてもお金を使いたくない!という方は、応急処置だけでもやってもらうといいと思います。無理に歯を抜くなど絶対に言ってこないですし、自分が払える範囲内だけの治療も可能みたいです。

最後に

これから留学にくる皆さん!体調が悪くなったら遠慮なくスタッフまで言ってくださいね!