フィリピン留学コラム

フィリピンに留学することのメリット

フィリピン留学が選ばれる理由は、費用の安さと語学留学の行きやすさです。
日本から近いので行きやすく、その上留学費用が物価が安く、ビサの面倒な手続きが不要など、メリットが沢山あります。

また、学校が多いため、選択肢が広いこともフィリピンが人気の理由です。
また、ほとんどの学校には日本人スタッフが在籍しています。病気や事故などの万が一の時には病院の手配など、適切な対応をとれる体制となっており安心です。

他の国に比べて留学費用が安い

一番の理由は、フィリピンがまだ発展途上国であることによる、土地代、人件費などの低さです。プログラムにかかる費用が低ければ、提供価格も自然と低くなります。他には、日本と距離が近いため航空券代が安く済むことや、物価が低いため現地の生活費を抑えられる点があげられます。

もう一つ、「安い」と言われるポイントとしては、「同じ金額で受けられる授業時間が欧米より多い」というのがあります。
欧米の学校は大人数グループレッスンを1日2~3回程度、対してフィリピンの語学学校はマンツーマンレッスンが基本です。
欧米だと1回で1万円前後もかかるマンツーマンの授業が、フィリピンならより安く何回も受けられます。

学校には多国籍の生徒が集まりやすい

フィリピン留学は多国籍の学校と、日本人だけの学校が存在します。韓国人が多かったですが、近年は台湾、ベトナム、中国からも人が集まるようになってきました。
多国籍の学校の最大のメリットは、英語を話す機会が多いことです。せっかく留学をして、英語を話せる環境に身を置いているのにも関わらず、授業以外で日本語でばかり話していると日本で勉強しているのと変わらなくなってしまいます。
多国籍の生徒が集まる学校では、自然と英語を話す機会が増えるだけではなく、色々な国の友達も増え、多くの国の文化を学ぶ機会も増えます。

現地までの所要時間が短い

アメリカ・イギリスなどは、日本から10時間以上もかかるため、航空券代も高くなります。 また昼夜逆転した生活になるので、到着後しばらくは時差ボケにも対処していく必要があります。

フィリピンは、日本の主要都市から4~5時間で行ける距離にあります。時差が1時間しかないために、時差ボケの心配もありません。

ビザ申請等の面倒な手続きが不要

アメリカの場合、事前に日本で書類を集め、面接を行い…等手続きが必要です。オーストラリアは健康診断の受診も必要です。
フィリピン留学の場合は留学に必要なビザ、SSP、ACR-Iカードの申請を現地にて学校を通して行いますので手間がかかりません。

  • SSP(Special Study Permit/特別留学許可証)
    期間を問わずフィリピンで語学留学をするのに必要な許可証です。有効期限は6カ月。
  • ACR-Iカード(Alien Certificate of Registration Identity Card)
    60日以上フィリピンに滞在する留学生は取得が必要となります。有効期限は1年間。

フィリピン独自のリゾートを満喫できる

フィリピンは海に囲まれ、多くのリゾート地が存在します。
アイランドホッピング、ダイビング、シュノーケリング等アクティビティも盛んに行われており、週末の息抜きとして楽しむ学生は多いです。
また、学校でもツアーを組んでいるところもあるので、旅行会社より比較的安く参加することができておすすめです。

もちろん勉強も大事ですが、せっかくフィリピンに留学しているのですから、週末はフィリピンのリゾート地やイベントを楽しむことも必要ではないでしょうか。

MK Educationではダイビングのライセンスを取得するオプションもございます。
週末を利用してライセンスを取得できるのでおすすめです。

異国の生活を体験できる

フィリピン留学のほとんどが寮生活ですが、それでも日本ではなく海外で生活することに変わりありません。
街中には多くの歴史的建造物が残っており、フィリピンの文化を感じることができます。
また、学校の講師と仲良くなって交流が増え、家に招待されたりホームパーティをしたりして楽しむ学生もいます。
もっと現地の方と交流したい場合は、学校によっては学校を通じてボランティアに参加することもできますので、興味がある方は調べてみましょう。

まとめ

安い、近い、リゾートが多いなど、フィリピンの魅力は沢山ありますが、フィピリン留学に行った方の中で「フィリピンの人柄がとても良かった。」と言う方が多くいます。
知らない、慣れない土地で勉強しながら生活していくのは心細く不安になることもあるとは思いますが、フィリピンの人たちの優しさに支えられて頑張ることができるのもメリットではないでしょうか。

>>フィリピン留学の詳細情報はこちら

資料請求
資料請求
お申し込み
お申し込み

ページトップへ