フィリピン留学コラム

フィリピンの歴史や政治を徹底解説

フィリピンの歴史や政治を徹底解説

今回はフィリピンの歴史・政治について紹介していきます。
諸島における人々の暮らしは、2万5000年~3万年前に移住してきたネグリト族にさかのぼると考えられています。その後、紀元前500~紀元13世紀の間にマレー系民族などが移住。
14~15世紀のイスラム国家成立後、スペイン、米国による統治、太平洋戦争を経て、1946年に米国より独立を達成し、米国型の民主主義国家として歩み始めました。

続きを読む

フィリピンで信仰されている宗教とは

フィリピンで信仰されている宗教とは

フィリピンでは、カトリック、プロテスタント合わせて国民の約90%以上がキリスト教徒で、アジアでは唯一のキリスト教国となります。
アジアの国でありながら国教がキリスト教となっている背景には、過去に長期間スペインにより植民地支配された歴史があります。

イスラム教徒の割合は5%〜10%で、特にミンダナオ島の南部に多くのイスラム教徒が暮らしています。その他、仏教や無宗教が少数です。

続きを読む

フィリピンの文化を徹底解説

フィリピンの文化を徹底解説

もちろん日本人とは感覚や文化が異なります。
良いこともあれば悪いこともあります。
フィリピンには通称フィリピン・タイムがあり、時間にルーズです。基本、時間を守らないのが当たり前の文化で、守らなければいけないという感覚がないのが普通です。
時間に厳しい日本人からすると驚いたり、嫌な思いをするかもしれません。

このようにフィリピンの文化や国民性を知ってからフィリピンに行くとより一層楽しめるのではないでしょうか。

続きを読む

フィリピンの教育について

フィリピンの教育について

今までのフィリピンの教育制度は小学校6年、中等教育4年の計10年でした。(6-4制)
しかし、2011年頃から教育制度を改善しようという運動は始まり、2013年にK-12制(6-4-2制)に変更されました。幼稚園(K)、小学校6年間、中学校4年間、高校2年間の計13年です。

学校のほとんどが2学期制を採用しており、1学期は6~10月、2学期は11~3月で、3月末から6月初旬まで約2ヶ月半の長い夏期休暇があり、学期の区切りや年末年始に約2週間の休みがあるのが一般的です。

続きを読む

知っておきたいフィリピンの食べ物とは

知っておきたいフィリピンの食べ物とは

フィリピン料理はスペインやアメリカ、中国などの料理が混ざった多国籍な料理で、レストランで食べられる伝統的な料理やお店ごとにレシピの違う家庭料理、屋台料理などバリエーションが豊富です。

主食は細長いインディカ米で、ファストフードでチキンを頼んでもライスがついてくるほど、フィリピン人はお米が大好きです。そのためか、ご飯が進む濃いめの味付けがされた料理も多いです。
また、南国ならではの多くの新鮮なフルーツがお手頃価格で食べられます。

続きを読む

ページトップへ