フィリピン留学コラム

フィリピン留学の費用はどのくらい?

欧米留学に比べてリーズナブルなフィリピン留学ですが、いざ行くとなると一体どれくらいのお金を用意しておけばいいのか気になりますよね。フィリピン留学でかかる費用を大まかに分けると下の5つです

  • 出発前の支払い(登録料+コース料金)
  • 現地支払い(延長ビザ、光熱費、教材費、空港送迎費など)
  • 現地生活費
  • 航空券
  • 海外旅行保険

フィリピン留学にかかる費用の詳細や留学費を少しでも抑える方法についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

フィリピン留学の費用

レートでの変動、教材や光熱費などは使用量に応じて料金が変わってきますが、目安の金額を記載しております。
※海外旅行保険はサービスにより金額が大きく異なる為、記載しておりません。

1週間

入学金 約16,800円
コース料金(滞在費用込み) 約45,000~63,000円
その他費用(教材代、光熱費など) 約23,000~27,000円
寮保証金+キーデポジット 約11,000円(退寮時に返還されます)
航空券 約30,000~90,000円

1ヶ月

入学金 約16,800円
コース料金(滞在費用込み) 約140,000~190,000円
その他費用(教材代、光熱費など) 約26,500~35,000円
寮保証金+キーデポジット 約11,000円(退寮時に返還されます)
航空券 約30,000~90,000円

3ヶ月

入学金 約16,800円
コース料金(滞在費用込み) 約415,000~63,000円
その他費用(教材代、光熱費など) 約66,000~82,000円
寮保証金+キーデポジット 約11,000円(退寮時に返還されます)
航空券 約30,000~90,000円

6ヶ月

入学金 約16,800円
コース料金(滞在費用込み) 約817,000~1,120,000円
その他費用(教材代、光熱費など) 約111,000~142,000円
寮保証金+キーデポジット 約11,000円(退寮時に返還されます)
航空券 約30,000~90,000円

1年

入学金 約16,800円
コース料金(滞在費用込み) 約1,624,000~2,229,000円
その他費用(教材代、光熱費など) 約197,000~257,000円
寮保証金+キーデポジット 約11,000円(退寮時に返還されます)
航空券 約30,000~90,000円

留学費用の内訳(1ヶ月)

事前支払い

約17万円

学校入学の手続きの際に必要な登録料やコース費用です。

登録料 $150(約16,800円)
コース料金 $1,250~$1,700(約140,000~190,000円)

コース料金には授業料、宿泊費、食事(1日3食)、掃除(希望制)が含まれます。
1人部屋にしたり、カリキュラムのコマ数を増やしたりすれば値段は上がりますし、逆に3人部屋にしたりコマ数を減らすなどすれば費用を抑えることもできます。
また、レートにより変動します。

※海外旅行保険、航空券代は含みません。

現地支払い

SSP申請費用(*) 6,000ペソ
空港ピックアップ 1,500ペソ
管理費 1,200ペソ
IDカード 150ペソ(外出時などに必要)
教材代 約2,500ペソ
電気代 約1,000~3,000ペソ
水道代 約200~500ペソ
寮保証金 5,000ペソ(退寮時返還)
キーデポジット 150ペソ(退寮時返還)

*期間を問わずフィリピンで語学留学をするのに必要な許可証です。

1ペソ2.2円で計算をすると(退寮時返還分を除く)
約15,850~約18,150ペソ→約34,870円~39,930円

航空券

セブパシフィック

LCC(Low Cost Career)の航空会社で時期にもよりますが3~5万円で日本→イロイロの往復航空券が購入できます。
LCCは必要最低限のサービスとなっており、座席選択、機内食、預入荷物の追加などは別料金となります。

フィリピン航空

座席が選択でき、機内食がついています。
約7~9万円ですが、渡航直前や時期によっては10万円を超える場合があります。
渡航の8週間前までであれば比較的安く購入できると言われています。また、セブパシフィックは定期的にキャンペーンを行っているので随時チェックをし、早めに手配するようにしましょう。

現地の生活費

現地での生活費は個人の生活スタイルによって大きく変わります。
寮は学校内にあり、食事は土日祝日含め1日3食提供されます。
レストランを利用する場合は大体1食500円程度ですし、交通費もタクシーの初乗りは100円前後です。
なので、通常は月2~3万円で生活できます。
それ以外にも
土日に外食をしたい!
旅行に行きたい!
お土産を沢山買いたい!
など、月5万円ほどみておけば十分に楽しめるのではないでしょうか。

費用が変動するポイント

コースの違い

選択するコースによって値段が変わります。
一般的な英語力を身につけるベーシックなESLコースが最もリーズナブルです。マンツーマンレッスンの時間数やグループレッスンの時間数が多いほど授業料はアップします。

また、グループレッスンよりマンツーマンレッスンを多く受講する場合や、ハイスコアを目指すTOEICやIELTS試験対策コース、現地の企業で実務研修も体験できるインターンシップコースは授業料がアップします。

学校の設備

寮生活を送る上での宿泊全般に関わる費用は、1部屋あたりの人数が多い部屋を選択するほど安くなります。
また、清掃サービスや洗濯、Wi-Fi、ジム、ウォーターサーバーなど、学校設備の利用料も含まれているかどうかによっても変わってきます。

MK EDUCATIONでの洗濯はランドリーショップを利用できます。
預ける場合、5kgまで150ペソ、1kg追加ごとに30ペソなので、少しずつ出すのではなく5kg分まとめて出す方がお得です。
洗濯・ドライともに8kgまで可能なセルフランドリーは各55ペソです。

オフシーズンかどうか

2~3月、8月~9月は日本の学生が夏季休暇や冬季休暇の為に、語学学校も混みあいます。
4~6月、10~12月は比較的空いており、学校によっては割引キャンペーンや航空券プレゼントキャンペーンが実施されており、通常よりもお得に留学できる可能性があります。
また、ゴールデンウィーク等の大型連休を除き、航空券も早めに購入すれば比較的安く済みます。

娯楽費

学校の近くには様々な飲食店があります。
また、マッサージ店も有名で日本より安くマッサージが受けられます。
いくら安いからと言って毎週末に外食、疲れているからと頻繁にマッサージに通ってしまっては費用はかさみます。

また、フィリピンは海に囲まれた島国ですのでダイビングやアイランドホッピングなどのアクティビティも盛んです。
リゾート地にある学校ですと、海が近いので毎週遊んでしまい結果的に留学費用の総額が高くなってしまったという方も少なくありません。

まとめ

留学期間に迷っている方は、可能であれば長い方がいいです。
1週間の留学費用は約10万円ですが、2週間だと約4万円しか変わりません。航空券のお金もかかっているので期間で迷った場合、長い方で考えたほうがあとで後悔せずに済みます。

一定期間まとめて申し込むと授業料が割引される学校もあり、12週間(3ヶ月)以上の留学で適用されることが多く、数万円お得になることもあります。
お見積もりをご希望の方はお問い合わせください。

>>フィリピン留学の詳細を知りたい方はこちら

資料請求
資料請求
お申し込み
お申し込み

ページトップへ